帰化・就労ビザ専門 行政書士法人Zip国際法務事務所大阪本店

  • Facebook Social Icon

専門分野

帰化申請
帰化申請をすることによって、日本国籍を取得することができます。

日本国籍を取得すると、日本の戸籍が作成されます。ただし、日本は二重国籍を認めていないので、日本国籍を取得する為には、従前の国籍を喪失する必要があります。

 

帰化申請のメリット

  • 選挙権の取得

  • 日本の戸籍が作成されるので、夫婦で同じ戸籍に入ることができる。

  • 日本のパスポートが取得可能になるため、海外の渡航手続きが楽になる。

  • 外国人特有の煩わしい手続きがなくなる。

 

帰化申請の要件

【住所要件】

帰化申請をするためには、継続して日本に5年以上住んでいることが必要になります。

つまり、4年日本に住んでいて、その後1年海外に住み、日本にもどり1年住んだとしても、継続して日本に住んでいないと判断され、要件を満たさないことになります。

 

【素行要件】

帰化申請をするためには、素行が善良であることが求められます。

例えば、犯罪歴がある場合や、年金・住民税等の滞納がある場合は、要件を満たさない場合があります。

 

【能力要件】:

20歳以上であることが必要になります。

ただし、家族と一緒に帰化申請をする場合は、未成年者であっても帰化をすることは可能です。

 

【生計要件】

帰化申請をするためには、生活が成り立っている必要があります。

つまり、毎月安定した収入があること、大きな借金がないということでしたら、帰化申請をすることは可能です。

 

【喪失要件】

帰化によって従前の国籍を喪失可能であることが必要になります。

 

【思想要件】

帰化申請をするためには、テロなどのような日本を破壊する思想を持っていないことが必要になります。

 

【語学要件】

日本語の読み書きが一定程度できることが必要になります。

この語学力については、一般的には小学校低学年レベルの語学力があれば良いと言われています。

 

また、帰化申請には、簡易帰化と呼ばれるものもあり、特別永住者の方等は住居要件等が緩和されていますので、帰化申請には上記に記載した【普通帰化】と特別永住者の方が帰化する場合の【簡易帰化】という2つの種類がありますので、注意が必要です。

帰化許可申請に必要となる主な書類は、以下のとおりです。

1 帰化許可申請書

2 親族の概要を記載した書類

3 帰化の動機書

4 履歴書

5 生計の概要を記載した書類

6 事業の概要を記載した書類

7 住民票の写し

8 国籍を証明する書類

9 親族関係を証明する書類

10 納税を証明する書類

11 収入を証明する書類

12 在留歴を証する書類


 ※申請者の国籍や身分関係,職業などによって必要な書類が異なります。

 

大阪帰化申請