帰化・就労ビザ専門 行政書士法人Zip国際法務事務所大阪本店

  • Facebook Social Icon

専門分野

国際化時代の入管法

日本人が外国で働く場合には、永住権、就労ビザ、就労許可のいずれかを申請して許可されなければなりません。
日本においても外国人が日本に滞在し何かの活動をするには、それに対応したビザを申請して取得する必要があります。
その中でも就労ビザはそれぞれの国の雇用状態(失業率等)と関係しますので、いずれの国においても厳格な規制があります。
しかしながら前記の如く国際化が進展し、お互いに外国人の労働者を受け入れざるを得なくなると、その基準を明確なものとし、かつその内容も合理的でなければならず、その審査手続も迅速にされねばなりません。
このような事情の下で、日本でも平成21年7月8日に入管法(「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」)が成立し、同月15日に公布されました。

 

大阪帰化申請